「外国人留学生の所在不明問題 と 労働力不足問題」の巻


 東京福祉大学の留学生が相次いで所在不明になっている問題。



 実情はそんなもんだろうなと驚くような話ではありませんが、所在不明の人は探してもらわないと困りますね。不法ですから。



 留学生のいなくなった理由は、当の本人に聞いてみないとわからないでしょうが、おそらくは「お金」でしょう。



 日本に来る留学生に出稼ぎ目的の人が多いのは、みなさんもご存じのとおりです。



 僕の大学院時代の中国人の友人は、留学の目的を「貯金と二人目の子どもを産むためだ」と断言していました。そして、学業もそこそこに、夫婦でアルバイトに明け暮れ、修士論文もちょこっと書いて、「謝謝♪」と笑顔で帰国していきました。





 政府には2020年までに留学生を30万人にするという計画があるらしく、現在、それに近づいてきているようですが、その中で、真面目に勉強している人は、どれくらいいるのでしょうか。



 レベルの高い大学に来ている人は、それなりの志があると考えてもいいでしょうが、それ以外は、逆に就労目的と考えてもいいでしょう。



 政府も、今の労働力不足対策として、この留学生の労働力もあてにしていて、ある程度の問題は放っているのでしょうが、今回はマスコミで大きく取り沙汰されたので、仕方なく動いているって感じです。



 所在不明の留学生以上に問題視すべきは、やはりそのシステムです。



 労働力確保が目的ならそれはそれでいいとして、日本に来た留学生が生活に苦しむような仕組みでは、人道的にどうかと思います。



 日本人にも悪い輩はたくさんいます。

 その留学生たちを食い物にしている、学校法人と斡旋業者はどうにかしないと、この問題は解決には至らないでしょう。





 最後に話はぶっとびますが、僕の意見としては、労働力不足だからといって、外国人の労働力に頼るのはやめて、労働力がなければないで、もっと仕事の効率化や選別化をして、我が国独自で生きていくことを考えるべきです。



 世界の中で、日本が日本であるために、そのあたりから考えていってほしいと思う今日この頃です。







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)