「PTAは 学校に必要なの?」の巻

 結論からいうと、PTAは、学校運営には、必要ありません。



 明日、この組織がなくなっても、毎日の教育活動には、全く影響しないということです。もし、「いや、影響する」という先生がいるなら、その学校は、きちんとした学校運営ができていない証です。

 



 さてさて、PTAとは、何なのか。



 よく保護者会みたいに思われていますが、そうではありません。



「Parent-Teacher Association」の略で、ここに教員が入っていることは、知らない人もいるかもしれません。



 保護者と教員が協力して、児童生徒のために何かしらしようという会です。





 幼少期からの友人が、地元の小学校のPTA会長をしていて、「役の成り手がいない。」「文句ばかりいう親がいる。」「協力的でない。」などと、愚痴ばかりをいうので、僕が、「そうだろうね。だから、PTAという組織は特になくてもいいんだけどね。」というと、さすがに会長としてのプライドがあるのか、「うん」とは言いませんでしたが、彼もそのことはわかっている様子でした。



 さらに、その必要性を問うたのですが、あまりぱっとした答えが返ってこない。挙句の果てに、「参観日の時の駐車場警備なんかはP(保護者)でやらないと」などというのだ。

 保護者がやっていて、もし事故が起きたら、だれが責任を取るのだろうか。暇な先生、失礼、手の空いている先生がやるか、警備会社に頼むのが良策だと言っておいたのだが、まあ変わらないでしょう。それが学校というところです。





 だがしかし、Pをまとめる人は必ずいります。

 保護者個人が、学校に規模の大きな要望を伝えたり、運営に関して物申したりするのは、やはり難しいでしょうから、保護者の意見を取りまとめたり、仲介役をしたりする人はやはり必要です。



 そして、学校における、保護者と先生の立つ位置は同列ではありません。ですので、名前も「PTA」ではなく、みんなのイメージ通り、「保護者会」でいいのではないかと思います。



 保護者会として会長、副会長あたりを何人かにお願いして、式典でお話していただく、でいいのではないでしょうか。





 いろいろな立場の人とこの話をしましたが、「PTAはいらないかな」という意見が多いです。しかし、PTAの活動の中に、どうしても意義を見出そうとする人もいます。



 そこで、PTAのよくある活動(仕事?)を見てみましょう。



〇学校行事の手伝い

 これは、生徒数が少ない僻地などの学校では必要でしょうが、特にPTAとしてやる必要はなく、普通に、校長もしくは学級担任から保護者にお願いすれば済むことです。



〇地域パトロール

 やっているというところもあるようですが、僕の経験上、そんなに大々的にやっている学校はありません。どちらかというと、地域ボランティアの人が「見守り隊」みたいな形でやってくれているようです。



〇広報活動

 家庭教育に関する情報提供などはあるといいかもしれませんが、今やネットでなんでも情報は得られますから必要ないかな。



〇廃品やベルマークの回収

 これがよくわからない。保護者が、家事や仕事の合間に学校に来て、何時間も作業をする必要があるのでしょうか。今の時代、ベルマークに頼らなくても、学校で必要なものは学校で購入すればいいことですし、どこかに寄付するのであれば、ベルマークを子どもたちで集めてそのまま送ればいいだけのことです。

 もし、そこに教育的価値を見出すとしたら、委員会活動や青少年赤十字活動などで、児童、生徒にやらせれば、子どもたちにはいい体験になるかともと思いますが。



〇親睦を図る

 PTA規約にもよくでてきますが、懇親会を開いても、役職の人しか参加しないなんてことはざらです。なぜか教員は強制参加なので、「教員たくさん、保護者少し」なんておかしな会になってしまっています。

 親睦を深めるなら、参観授業の後、教室でお茶会ぐらいでいいのでは。





とにかく、その活動には、無意味なものが多く、保護者のストレスにもなっています。役は話し合いでは決まりません。みんなやりたくないのです。

 どうしてもやりたいという保護者がいるのなら、募集制にするといいかと思います。





 学校というところは、物事を一旦始めると、それがどんなに無駄であっても、無意味であっても、問題があっても、やめることができない、非効率な場所です。



 長年やってきたことをやめようとすると、無責任な人から必ず反対意見が出ます。それを無責任な管理職が嫌がって、いつまでも改革に乗り出せないという現状があります。



 PTAの組織をなくせば、学校組織のスリム化が図れます。しいては、教員の仕事のスリム化につながり、そして、そのことは、その先にいる子どもたちのメリットにつながります。



 時代も令和時代になりますし、学校も改革をするいい時期ではないでしょうか。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0