「小学校で英語教育が始まると困る先生が多い?専科制にせい!」の巻

 新年度も始まり、一週間余りが過ぎました。

 僕も教育の仕事に携わっているので、毎年この時期はバタバタとしますが、少し落ち着いてきました。



 春はいいですね。新しいことがいっぱいあって。

 気持ちもリフレッシュできます。

 

 学校の春というテーマで、新しいことを探してみたのですが、変わったことはぱっと思いつかず、そうそう、そろそろ、小学校でも、英語が始まるなあ、ぐらいで書き始めたいと思います。





 来年度から本格的に始まる、小学校の英語科。

 知り合いの小学校の先生たちと話していても、時々英語の話が出てくるようになってきました。



 昭和生まれの僕にとっては、どんな授業になるのか、イマイチイメージが湧きませんが、学校というところ、いや、文科省というところは、きれいごと(テーマ)が好きなので、今迄みたいに、英語に慣れさせるとか、英会話の苦手意識をなくさせるとか、そんなテーマで貴重な授業時数を使うのだけはやめてほしいと願っています。



 そして、学校現場の方で問題視されているのが、先生の英語指導能力の無さです。



 しかし、それはどうしようもありません。



 小学校の先生の大半は、英語の指導力などいらない前提で、採用されているわけです。

 車の免許だけでいいと言われていたのに、突然、フォークリフトも乗ってねと言われているようなものです。(うーん。たとえが悪い?)



 英語指導に自信がない先生が多いなどと騒いでいますが、そんなことはみんなわかっていることです。

 

 かといって、それは英語科に限ったものではなく、音楽科を自信を持って教えられる先生がどれだけいるか、体育科を自信をもって教えられる先生がどれだけいるか。


 オールマイティーな先生は、そんなにいません。みんな、得意教科も不得意教科もあり、自信なくても、日々、授業研究などをして、頑張って教えています。



 困るも何も、やれといわれればやるしかないのです。



 しかし、できたら、専科の先生を配置して、先生の実務的な負担、精神的な負担を減らしてあげてほしいのもですね。その方が、子どもも保護者も安心でしょうし。


 世間のみなさんも、英語が苦手な人は多いでしょう。

 温かく見守ってあげてください。



 小学校でやる英語の授業、どんなものがいいかは、また、次回にご提案させていただきます。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0