「海外のドミトリーで、日本人とイスラエル人が一緒にされるわけ」の巻

 GWまっただ中。

 いかがお過ごしでしょうか。



 家でのんびりしているという方も、アクティブに出かけまわっている方も、そして、旅行に行かれている方もいるでしょう。



 僕のGWは、ずっと家でのんびりの予定ですが、大の旅行好きなので、旅行に行きたかったというのが本音です。





 学生時代からバックパッカーをやっていて、今でも年に1、2回は、仕事の合間に旅行に行きます。日本は47都道府県全クリ、海外も40か国以上、今までに旅行しました。

 

「そんなにいろんな所に行って、お金かからない?」と言われますが、やはり、問題はそこです。一番かかるのは交通費で、その次にかかるのは宿代です。 



 僕の旅行は節約型なので、海外に一人で出かけるときは、極力ドミトリー(相部屋)に泊まるようにしています。



 ドミトリーには、安いというだけでなく、いろんな人と出会えるというメリットもあります。

 そして、海外でドミトリーに泊まると、日本人とよく同じ部屋になります。



 初めは、宿の人が気を使って、日本人同士、同じ部屋にしてくれているのかと思っていたのですが、理由はそれだけではないようです。

 どうも、日本人旅行者が他の外国人旅行者に、よく思われてないらしいのです。



 理由は2つ。

〇 英語があまり話せないので、コミュニケーションが取れない。

〇 日本人同士で集まっては夜中まで騒ぐ(日本語で)。

だそうです。

(※ホテルのスタッフに聞いた個人的な見解です)



 それはそうかな、と納得していますが、そこで不思議に思ったのは、イスラエル人ともよく相部屋になることでした。



 となると、イスラエル人にも、何か問題があるのか。



 やはり、あるようです。

 

 イスラエル人が、他の外国人旅行者に嫌がられている理由は、

〇 何でも自慢げに話す。

〇 自分たちが特別な民族だと思っていて偉そうにする。

だそうです。

(※たまたま出会った外国人旅行者に聞いた個人的な見解です)



 僕は、イスラエルの旅行者に嫌な思いをしたことはありませんが、確かに、一緒の部屋になったイスラエル人は、やたら、自慢話をしてくる印象があります。

 あと、イスラエル国内を旅行した時は、日本人だということで、結構、いじめられましたので、イスラエルという国にいい印象はありません。



 とにかく、日本人とイスラエル人は、あんまり他の国の旅行者に好かれていないということです。



 日本人が英語が話せないのは、いろいろ要因が絡まっているので仕方なく、英語が話せないので日本人同士でつるむのも、まあしょうがないと言えばしょうがないのですが、日本人旅行者の海外でのモラルの無さは、自分も含めていつも感じるところです。



 海外に出たとたんに、人の目という枷が外れて、開放的になるのだろうと思います。

 いつ、どこで、どんなときも、同じ振る舞いができるというのが、人間性として大事なことですが、せめて日本人としての誇りを持って、海外でも恥ずかしくない振る舞いをしたいものです。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0