「叱っている途中で泣く子は 実は反省してない?」の巻

 今回は、生徒指導の話題でいきます。



 子どもを叱っていると、すぐに泣く子がいますよね。

 そんな時、あなたは、どう思いますか?

 



「涙は女の武器」 

 世の中では、こんなことも言いますが、男性に限らず、大人はみんな涙に騙されます。



 それは、先生も一緒です。





 僕は、子どもの頃、悪ガキだったので、しょっちゅう先生に怒られていました。

 大人は涙を見せると優しくなることを知っていた僕たちは、友達とどのタイミングで泣くかを相談して、叱られている途中でタイミング良く泣いていました。

 このウソ泣きが効果てきめんで、鬼のような先生でも、不思議と優しくなるので、よく使ってました。

 悪い子たちです。





 大人の皆さん、よく考えてみてください。

 仕事で失敗をして上司に謝る、または、お客様に謝る時に涙を流して謝る人がいるでしょうか。・・・いませんよね。



 ホントに悪いと思っているときは、涙など出ないものです。





 では、なぜ、子どもたちは泣くのでしょうか?





  子どもの泣く3つの理由

 一番多い理由は、先にも述べた、同情をかうためです。



 人は涙に弱いので、泣けば許してくれるということを、子どもたちはある意味、本能的に知っています。なので、怒られるとすぐに涙が出てくるということです。





 次に多いのは、皆さんも経験あると思いますが、怒りや反抗によるものです。



 叱られたことに対して納得していない場合、なぜ叱られないといけないのかという怒りから涙が出ます。最近はわがままに育った子が多く、この涙も多くなってきているように思います。





 そして最後に、一般的に涙の意味に取られがちな、自分への不甲斐なさ、行為への反省です。



 子どもが泣きだすと、「反省しているな。許してやろう。」となりがちですが、泣くほど猛省する子はほとんどいません。自分のことを「なんて僕は情けないんだ」なんて思う小学生がいたら、逆に先行きが心配です。



 

 なぜ、そういえるのかは、実際、僕の教え子には、泣く子が一人もいないからです。

 いや、正確には、泣く子が一人もいなくなる、かもしれません。





 きちんとした生徒指導をすれば 泣く子はいなくなる

 僕は、叱っている子が泣きだすと、わざと、

「本当に悪いと思っているのなら泣くな。」とさらに叱る度合いを上げます。

 すると、ほとんどの子が泣くのをやめます。涙が逆効果になるからです。



 子どもたちの中では、「泣くと許してもらえる」という本能的な思考から、「きちんと反省しないとダメなんだ」という理性的な思考に変わっていき、誰も泣かなくなるのです。



 さらに、泣く行為は感情の高ぶりも伴いますから、「泣かない=冷静」に指導者の話を聞くことにつながり、きちんと反省できるようになるのです。





 今日のまとめ

 一昔前は、「男が涙を見せていいのは、親が死んだときだけだ。」なんて言ってましたが、今や涙腺の弱い子ばかりです。



 生徒指導をするときには、心を鬼ににして、涙に騙されないようにしましょう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0