「夜はなぜ暗い?ぼぉーっと生きてませんよ」の巻

 年度初めからずっと、仕事でバタバタしていたのですが、連休明け、少し仕事が落ち着いてきたため、取り溜めていたテレビ番組を見ています。


 録画している番組は、情報番組が多いのですが、NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」も結構気に入っていて見ています。


 しかし、どうも引っかかるテーマが多い。




  夜はなぜ暗い?

 少し前の回の放送ですが、「夜はなぜ暗い?」という質問がありました。


 学校では、太陽と地球の関係から答える解答が正解といえますが、それを「宇宙に果て(涯て)があるから」というのです。


 僕は、宇宙のことは専門家ではないのでよくわかりませんが、この理論がおかしいなというのはわかります。



 偉い人が言う事=真実ではありません。まずは何事も疑ってかかりましょう。


 この「夜が暗いのは、宇宙に果てがあるからぁ~」で納得しちゃった人、それこそ、ぼぉーと生きていると言われちゃいますよぉ~。




 宇宙に果てがあるかないか

 今回言いたいのは、宇宙に果てがあるかないかではありません。


 宇宙に果てがあるかどうかは、実際に確認することはできませんので、理論上の話ですし、果てがあろうとなかろうと、今を生きている我々にとっては全くもってどうでもいいことです。


 ここで言いたいのは、「夜が暗い」のと「宇宙に果てがあるかないか」は相関関係がないということです。


 まず、言いたいのは、我々の肉眼で見えている星は、宇宙に存在している星すべてではないということです。


 ということはどういうことか。


 星の光は、発しているすべてが、地球に届いているわけではありません。地球から遠くなれば、その分、届く光量は少なくなります。


 なので、宇宙に果てがなくても、空が星の光で埋め尽くされて、昼間のように明るくなることはないのです。




 もう一ついえるのは、宇宙の大きさと星の位置にも相関関係はないということです。


 番組では、「宇宙が無限」→「光る星も無限」と言っていますが、ぼぉーと生きていない人は、この時点でおかしいと気づきましたよね。


「宇宙が無限」とは空間の概念で、「星も無限」は個数の概念です。

 ですので、この二つを比例して考えるのは、無理があります。


 さらに、宇宙に果てがないとしても、星の分布には偏りがあるとも推測できます。

 現に、今、夜空を見上げても、星と星の間は均等ではありませんし、天の川もそのことを証明しています。


 宇宙には、もしかしたら、広い範囲にわたって星の存在しない部分もあるかもしれません。


 諸々の理で、この「夜が暗いのは、宇宙に果てがあるから」はおかしいのです。



「今日は新月だから、夜道には気をつけな。」

 夜の暗さに関係しているのは、どちらかというと「月」ですかね。



 今日のまとめ


 この番組でいつもひっかかるのは、いたるところに矛盾があるからです。


 おまけ情報で、「宇宙が膨張しているから、宇宙のあらゆるものが膨張している」といっていましたが、これも異論を唱えることができます。


 さらに、宇宙が膨張すると、夜は今よりも暗くなるなんて〆てましたが、そうなると、それこそテーマとの矛盾が・・・


 諸説に異論を唱えてもきりがないので、今日はこのあたりにしておきますが、真の実は、ただただ単純なことも多々あるので、仮説には惑わされないようにしましょうね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0