「健康な人は、マスクをしない。」の巻

 インフルエンザが流行し始めました。 「マスクをして予防を。」 「手洗い、うがいを徹底しましょう。」 なんてテレビで言っていましたが、僕の見解は少し違います。 「健康な人は、予防はしなくて良し」です。  学校で子どもたちを見ていて感じるのは、健康に過敏になっている保護者の子…

続きを読むread more

「理系の人と文系の人、実際は理系の人と理系じゃない人」の巻

 あなたは、理系ですか?文系ですか?  得意な教科で考えている人がいるかもしれませんが、そこは少し違います。  高校に入ると、理系と文系に分かれる学校もあるでしょう。  これは、自分の進みたい大学・学部に関係するのかと思いきや、自分の得意な分野で決めている人も多いようです。  理…

続きを読むread more

「ボランティア活動が評価されるおかしな国」の巻

「ボランティアには参加した方がいいですか?」  受験生の子が、僕にこう尋ねました。 「そだね。しておいた方がいいね。」  今や、こんなことを聞かれても驚きもせずに即答しますが、初めてこの質問をされた時は、やはりショックでした。  子どもたちは、ボランティア活動を評価をもらうため(受験のため)の活動だ…

続きを読むread more

「褒めて育てるは間違い?・・・はい。そうです。」の巻

 小・中学校は、そろそろ2学期も終わりですね。  先週あたりに保護者懇談会もあったと思いますが、保護者の皆さん、どうでしょう?何かお子さんの悪いところを教えてもらえたでしょうか。  先生が良いことばかり言っても、それを信じてはいけませんよ。  どんなに優等生でも、指導すべき点は必ずありますから。 …

続きを読むread more

「人間はみんな嘘つき・・・でもない話」の巻

2018年もあと二週間。いかがお過ごしでしょうか。 今年は企業の嘘が、よくニュースになりました。 最近はゴーンさんが話題ですが、ちょっと前には、油圧機器メーカーと子会社による免震・制振装置の検査データ改ざん、日本の有名自動車メーカーの検査での不正行為などなど。(昨年は行政の嘘が話題…

続きを読むread more

「エスカレーターの歩き問題で、変な数字を使った変な理屈に待った」の巻

 僕はNHKのニュースを結構見ています。  受信料分は、見ないと損だから・・・ではありません。他のテレビ局より、信憑性があるかな・・・がおそらくその理由です。  ただ、最近のニュース番組は、事実を思想で着色しようとしている感が否めません。事実のみを伝え、それをどう捉えるのかは、視聴者に委ねるのが、本来の公共放送の役…

続きを読むread more

「先生の働きすぎ問題、教育にもっとお金をかけよう」の巻

 先生の働きすぎ問題。  中学校の部活動のことが、結構取り上げられていますが、今回は小学校編でいきます。  僕が小学校の現役教師だった頃は、朝7時ごろ出勤して、学校を出るのは21時~22時ぐらい、土日もどちらかは出勤して、一日、仕事をして帰るといった日々でした。さらに、土日のどちらかは、中学校で外部コーチとして…

続きを読むread more

「義務教育が義務じゃなくなった日」の巻

「日本の義務教育は何年間ですか。」と外国人に聞かれたら、何と答えますか。  そうです。答えは「0年」です・・・(???)。  僕がなぜ、「0年」と言ったかというと、今の日本の義務教育と呼ばれるものは、「義務」ではなく「権利」の色が強く、なぜ義務化しているのかの意義を失ってしまっているからです。   …

続きを読むread more

「大人になっても文章力の乏しい人が多いのはなぜ?」の巻

 みなさんはラジオを聴きますか。  僕は、ラジオはほとんど聴かないのですが、あえて聴く番組が一つだけあります。  その番組の好きなところは、パーソナリティーがリスナーのボロさを愛を持ってディスるところで、メッセージの内容をいじるだけでなく、そのメッセージの文章自体が下手だとディスる時もあり、「そうだそうだ」と共…

続きを読むread more

「九九と掛け算の違いを言えますか?」の巻

 僕はときどき、諸先生方に「算数の指導力」を測る意味合いで、失礼ながらこの質問をします。  『九九』と『掛け算』は、数学教育的には全く別次元のものなのですが、これを同じに考えている先生の多いこと、多いこと。いや、ほとんどの先生がそう考えていると言っても過言ではありません。  さてさて、みなさんはどうで…

続きを読むread more

「学校のいじめはなくそうと思えばなくせるのになくさないのはなぜ?」の巻

 「いじめをなくそう」  学校のいじめ問題については、たいへんな問題なので、簡単に語れるものではありませんが、ここでは「なくすことはできる」ということだけ、書いておこうと思います。  世の中からいじめをなくすことは、はっきり言って無理ですが、学校内でのいじめをなくすことは、実はできます。    いじめが…

続きを読むread more

「英語の教育番組を見ていて、国語教育を考えた」の巻

 テレビの英語教育番組をたまたま見ていて、びっくりした話です。 「私は野球です。」を英語にしましょう。難しいでしょう。みたいな内容です。  みなさんは、この問いに対し、どう思うでしょうか。  普段使いの日本語を英語に直すことの難しさを強調した番組構成になっていたのですが、国語の勉強を小学校からちゃんとやってき…

続きを読むread more

「給食の完食に関する問題から生徒指導の在り方について考えたい」の巻

 ネットで、給食の完食に関する記事を目にしました。 「給食の完食を強要するのをやめてほしい」という内容です。この「強要」という言葉は、言葉のもつ雰囲気から、ひどい指導のように感じるかもしれませんが、指導の仕方にもよると思います。  給食は本来、家庭環境がどんな子であっても、栄養がきちんと採れることを目的に始まったも…

続きを読むread more

「数字に騙されるな アンケート調査の結果はほぼほぼ信じるな 編」の巻

 巷のアンケート調査については、「ほぼ信じるな」と言い続けていた僕ですが、最近、テレビで「 日本人の入浴習慣についての調査」ってのを見たので、タイムリーな例からなぜかを話したい思います。  結果は、全国でもっとも長湯(ながゆ)の県は千葉県、もっとも熱湯(あつゆ)の県は愛媛県だそうです。  このアンケートは…

続きを読むread more

「数字に騙されるな ダイエットに興味がある人 編」の巻

 ダイエットに興味がある方必見・・・でもないのですが、宣伝文句から、数字のウソを見抜いて行こうというコーナー(?)です。 「何キロやせました」とか「ウエスト周りが何センチ減りました」とか、いう宣伝文句を目にしますよね。まあ、宣伝なので、数字を使うとわかりやすいということになりますが、商品の信憑性は・・・ …

続きを読むread more

「教科書の不思議 英語科&理科編」の巻

 ノーベル賞を受賞された本庶教授が、会見で「教科書を信じるな」ということを言っておられましたが、僕もまったくもってそう思います。  みなさんは、教科書を読んでいて、おかしいなと思うことがありますか。  僕はたくさんあるのですが、今日は、中学生のころからずっとおかしいなと思っていることを二つほど挙げてみます。 …

続きを読むread more

「ハロウィン問題から考える日本人のモラルセンス」の巻

 先日、ニュースを見ていると、ハロウィンの時に暴れた若者が逮捕されたニュースが流れていました。タイムリーなテーマではないのですが、少しハロウィン問題を考えたいと思います。  毎年、ハロウィンになると渋谷の様子がマスコミで取り上げられ、その際に起こる様々な問題も同時に議論になります。 僕は、自分がハ…

続きを読むread more

「性善説と性悪説、どちらが正解ですか・・・が不正解です」の巻

「性善説」とか「性悪説」とかいった言葉を聞いたことがありますか。  孟子と荀子の教えです。 「どちらが正しいか」なんて議論になったりもしますが、意見が分かれますよね。  そりゃそうです。どちらも正解だからです。  人の本性は、もともと善の要素の強い人もいれば、悪の要素の強い人もいます。だから、…

続きを読むread more

「誰が言っているかではなく、何を言っているかが一番大事」の巻

 僕が、大学で研究をしていたとき、誰も考えていない理論の展開をしていくと、教授が必ず「それは、誰が言っているのかね?」と聞いてくるので、「私のオリジナルです。」と答えると、教授は難しい顔をして、首を横に振るのです。もちろん、諸先輩方の論説を土台にすると、自分の論説に説得力を持たせることができることは概ね理解していますが、他に論じている人…

続きを読むread more

「ボーと生きてんじゃねえよ!と言われて、ボーと生きてないことを自覚している」の巻

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」のセリフで一世を風靡しているNHKの番組『チコちゃんに叱られる』を見て、自分がボーと生きていないことを自覚できている今日この頃です。  番組は、「こんなことも知らないの?」の体で進んでいきますが、チコちゃんには敵わないにしても、僕も割と知っています。理論的な問いかけには、大方、正答を言…

続きを読むread more