テーマ:教員の資質

「先生には人の気持ちがわからない人が多い  教員心理学②」の巻

 前回のつづきです。  なぜ、Aさんに、まず、B先生に相談するように言ったのかの種明かしです。  僕は、Aさんからそのいじめの内容を詳しく聞いた上で、いじめ自体は早期に解決できると判断。  すぐに指導に入りたいところですが、その副産物として起こりうる、もっと深刻な状況を懸念していたのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「先生には人の気持ちがわからない人が多い  教員心理学①」の巻

 教師になるには、一応、心理学も勉強します。  しかし、心理学と言うのは、意外と曖昧な学問なので、それを勉強したからといって、即、教育に生かされるわけではありません。あくまでも参考分野の一つです。  生徒指導でも学習指導でも、人にモノを教えるというときは、人の気持ちがわかった上で、その上をいかないと指導はできま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「教員の横領事件に驚かない理由」の巻

 京都で84万円、埼玉で468万円、熊本で234万円・・・。  これは近年の教師の横領事件の金額だそうです。    驚かないまでもなかなかの金額ですが、これぐらいの金額にならないとニュースにはならないということで、微々たる金額の横領事件は、もっとたくさんおこっているでしょうね。  現金集金の時代の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「家庭の経済力と子どもの学力の比例関係を解消するには?」の巻

 なぜか、「家庭の経済力」と「子どもの学力」を紐づけようとする人が多いのですが、直接的な関係は実はありません。  ですので、この関係を解消するのは、簡単と言えば簡単です。  間接的なつながりを途中で絶てばいいのです。  教育格差を生んでいる最大の原因は、公教育の不甲斐なさであり、みなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more