テーマ:道徳教育

「日本の接客は世界一なのか?」の巻

日本の接客サービスは「まだ」世界一 サービス業における日本の接客スキルは世界でも高水準だと言われています。 それは、海外へ行ったことある人なら身をもって感じることでしょう。 海外のお店では、日本では考えられないような接客も当たり前です。 例えば、笑顔一つない機械的な接客も多いですし、客に文句を言ったり、お釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大麻は『悪』なのかから考える道徳 その②」の巻

大麻は人を狂わすのか 結論として、現時点では「わからない」といったところでしょう。 ただ、大麻が人をダメにするのであれば、カナダは国家存亡の危機となったといえますが、僕はその可能性は低いと考えています。 よく大麻で逮捕された人のことを例に挙げて、「ほら、人生まっさかさまでしょ。だからやめましょう。」ということを言う大人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大麻は『悪』なのかから考える道徳 その①」の巻

このことについて、僕は20年以上前から、道徳教育の中で話題にしてきましたが、芸能人のニュースに便乗して、問いかけておこうと思います。 大麻ははたして悪なのか 子どもたちに聞かれたら、どう答えますか。 おそらく、2つの観点から答えるでしょう。 一つは、違法だから悪いということ。 もう一つは、健康に対し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海外のドミトリーで、日本人とイスラエル人が一緒にされるわけ」の巻

 GWまっただ中。  いかがお過ごしでしょうか。  家でのんびりしているという方も、アクティブに出かけまわっている方も、そして、旅行に行かれている方もいるでしょう。  僕のGWは、ずっと家でのんびりの予定ですが、大の旅行好きなので、旅行に行きたかったというのが本音です。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マナーと名のついたルールはなくした方がみんなが気持ちよく暮らせる」の巻

 あるテレビ番組で、ドアのノックの回数について、トイレの場合とか社長室に入る場合とかいうのをやっていました。  こういうビジネスマナーについて、あなたはどう思われますか。  僕は、マヌケな悪習だと考えています。  ノックとは、ドアの向こう側にいる人の在室確認、または入室許可を得る合図ですから、回数な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鹿児島実業高校の飲酒喫煙問題から考えるモラルセンス」の巻

 高校サッカー界の名門、鹿児島実業高校の飲酒喫煙問題がニュースになっていましたが、教育側の立場から言わせてもらうと、中学生・高校生の飲酒喫煙は、そんなに驚くことではありません。「まあ、よくあるよね」といったところです。  知らない(ふり?)のは大人だけで、隠れてやっている子はその辺に結構います。  現に先月も、近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more