テーマ:生徒指導

「なぜ、学校はいじめに真剣に向き合わないのか」の巻

いじめは学校の責任です いじめ関連のニュースを見ると、ひとりの大人として、そして一教育者として、心が痛くなります。 「学校内のいじめはなくせる」というブログを以前書きましたが、なくさないのは学校の先生の責任感がないことの現れです。 学校の先生という職業は、子どもたちのために一生懸命頑張るみたいなイメージがあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学校の先生の子どもに好かれたいは問題」の巻

先生の「子どもに好かれたい」は問題 職業柄、学校の先生には「子ども好き」の人が多いようです。 情熱をぶつける相手は子どもたちですから、子ども好きに越したことはありません。 中には、「子どもはそんなに好きではない」という人もやってますが、それはそれで問題ないでしょう。仕事をきちんとしてくれればいいことです。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なぜ、学校では敬語を教えないのか?」の巻

ありがと事件? 「あ・り・が・と。」 ある小学校の入学式で、校長先生が新1年生に新しい教科書を渡す場面で、代表の子が放った言葉です。 事件と言うほどのことではないのですが、その一言に驚いたことはもちろんのこと、同時に学校現場の行く先が明るくないことをあらためて感じたのでした。 校長先生に「ありがとう」とは、どうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「叱っている途中で泣く子は 実は反省してない?」の巻

 今回は、生徒指導の話題でいきます。  子どもを叱っていると、すぐに泣く子がいますよね。  そんな時、あなたは、どう思いますか?   「涙は女の武器」   世の中では、こんなことも言いますが、男性に限らず、大人はみんな涙に騙されます。  それは、先生も一緒です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ネコ同士の喧嘩を止めに入って 自分が獣だということを思い出した」の巻

「今日から俺は」  昭和40年代に生まれた僕は、ツッパルことが男の勲章みたいな生活を送っていました。とりあえず、目があったらイチャモンをつけ、自分の歩く前に人がいたらドツク。そういう時代です。  昨日、ネコが喧嘩をしていたのですが、「フーフー、ギャーギャー」と、かなり激しい喧嘩だったので、止めに行こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学校のいじめはなくそうと思えばなくせるのになくさないのはなぜ?」の巻

 「いじめをなくそう」  学校のいじめ問題については、たいへんな問題なので、簡単に語れるものではありませんが、ここでは「なくすことはできる」ということだけ、書いておこうと思います。  世の中からいじめをなくすことは、はっきり言って無理ですが、学校内でのいじめをなくすことは、実はできます。    いじめが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「給食の完食に関する問題から生徒指導の在り方について考えたい」の巻

 ネットで、給食の完食に関する記事を目にしました。 「給食の完食を強要するのをやめてほしい」という内容です。この「強要」という言葉は、言葉のもつ雰囲気から、ひどい指導のように感じるかもしれませんが、指導の仕方にもよると思います。  給食は本来、家庭環境がどんな子であっても、栄養がきちんと採れることを目的に始まったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more