テーマ:国語

「なぜ、学校では敬語を教えないのか?」の巻

ありがと事件? 「あ・り・が・と。」 ある小学校の入学式で、校長先生が新1年生に新しい教科書を渡す場面で、代表の子が放った言葉です。 事件と言うほどのことではないのですが、その一言に驚いたことはもちろんのこと、同時に学校現場の行く先が明るくないことをあらためて感じたのでした。 校長先生に「ありがとう」とは、どうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「勉強ができるできないの鍵は『国語』と言う噂」の巻

学校の勉強で一番難しいのは数学? 教科教育の中で、一番難しいのは数学だと思っている人は多いと思います。 以前、理系と文系の違いは、理系か理系でないかという話をしましたが、高等教育で子どもたちが行き詰まる教科で、数学が多いのは事実です。 これは、暗記教科か思考教科かということが大きな理由でしょうが、よくよく考えると、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小学3年生でひらがな、カタカナが書けない不思議」の巻

 小学3年生の担任をした時に、漢字の宿題を出すと、ある保護者がこんなことを訴えてきました。 「うちの子は、まだ、ひらがなやカタカナがきちんと書けません。なので、この漢字の宿題は、この子にはできそうもないのです。先生、どうしたらいいでしょうか。」 「それは大変だ」となりそうですが、まあ、ひらがなカタカナが書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国語の授業がダメダメすぎる」の巻

 国語の力を伸ばすにはどうしたらいいのか。  これは、今のところ学校教育の永遠の課題となっています。  答えはあるにはあるのですが、現場では、だれに聞いてもちゃんとした答えを持っていません。更に、国語を勉強する理由さえ明確に答えられない先生が多いことには、呆れるばかりです。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本をたくさん読んでる子が国語ができるとは限らない」の巻

 ある小学校のクラスで、読書記録のチェックをしていた時のことです。  図書館や学級文庫の本をたくさん借りている子がいたのですが、その子は国語がお世辞にもいい成績ではありませんでした。これだけ本を読んでいるのに国語の成績がいまいちなのはなぜなのか。僕は不思議に思いました。    初めは、「読まずに返却してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大人になっても文章力の乏しい人が多いのはなぜ?」の巻

 みなさんはラジオを聴きますか。  僕は、ラジオはほとんど聴かないのですが、あえて聴く番組が一つだけあります。  その番組の好きなところは、パーソナリティーがリスナーのボロさを愛を持ってディスるところで、メッセージの内容をいじるだけでなく、そのメッセージの文章自体が下手だとディスる時もあり、「そうだそうだ」と共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英語の教育番組を見ていて、国語教育を考えた」の巻

 テレビの英語教育番組をたまたま見ていて、びっくりした話です。 「私は野球です。」を英語にしましょう。難しいでしょう。みたいな内容です。  みなさんは、この問いに対し、どう思うでしょうか。  普段使いの日本語を英語に直すことの難しさを強調した番組構成になっていたのですが、国語の勉強を小学校からちゃんとやってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more